セミナー・ワークショップ内容(案)

研修会の内容はざっくりですが、このような内容を考えています。

その時によって、変更はありますので、あらかじめご了承ください。

◎商品価値がなくなったと、捨てられていくものに、新しい仕組み加えることで、今までにない新しい価値を生み出すことができるという事例を、

弊社の取り組んできましたIT関連を通じてお話しし、お持ちいただきましたた古いパソコンをアットビューで使えるためのワークショップを行います。

◎セミナーの場所は、島根県の美保関町片江の漁村の古民家です。

この場所で、セミナーを開く意味は、自然の中でしか感じることができない実体験を通して、環境をテーマに一緒に考えていただければと思います。

ここの漁村では以前私たち家族が9年間、家を借りて暮らしていました。

子どもたちの幼少期をここで過ごすためここを選択しました。

いわば県内版のIターンです。

ここの自然の美しさや環境がいつまでもこのままであってほしいとの思いもあり、ここの地域でのセミナー開催を考えました。

具体的な実施案です。↓

1、PC捨てる前にアットビュー

捨てようと思っているパソコンがあればお持ちください。

その古いパソコンがアットビューとして使えるように参加者と一緒にセットアップの方法を学びます。

そしてマステで参加者自身で装飾をします。

pc6pc5

2、パソコンと廃棄と環境問題について

1台のパソコンができるまでに約1.8トンの資源を使っています。

そして廃棄されると最後には途上国へ送られそれが新たな環境問題

を起こすというお話を通じて一緒に考えます。

3、ローテクを見直しませんか。

ハイテクは便利ですがハイリスクの面を持ちます。またローテクは

遅かったり不便な、面はありますが、ハイテクよりも優れた面もあります。

具体的な事例を通してお話をし、

今回は40年前に私が買った(ずいぶん高かった)オーディオセッ

トでレコード鑑賞(ジャズがメイン)を行います。

レコードの操作を初めての方はレコードをターンテーブルへ落とす方法もぜひお伝えします。少し緊張するかも。

何かしらホットするいい音がスピーカーから流れてきます。

参加者がレコードもってこられればそれも再生します。

spo-deosp

4、ロケーションを生かす

セミナー場所の美保関片江は漁村です。その自然あふれる場所でし

か感じられないものがあります。それを体感していただきます。

夏は海水浴、寒い季節も海水の足浴はぜひおすすめです。

5、古民家の癒し

古民家でのセミナーです。築100年の古民家ならではの味わいと

その空気を感じていただきます。

外国人のかたにも喜んでいただけると思います。

6、大敷(定置網)見学と魚の直接買い(オプション)

日曜以外毎日朝早く市場におろされます。その見学と直接おろした

ばかりの魚を買うことができますので、それを買って自分たちで裁

いて刺身で食べるイベント。

※日曜日は大敷はお休みなので、金曜日に泊まれるプランでないとできません。スタッフでの参加は前日金曜日に泊まれますので、可能です。

7、地域の人との連携(オプション)

ここは地域柄は船乗りが多く、中には外国航路の経験者もかなりいらっしゃいます。そのお話はとっておきの土産話となります。
そういった方をお招きし、お話をしていただきます。
また禅寺もあり、住職とも親しくしていますので、早朝での座禅もオプションとして考えています。

どう環境問題とつながるかわかりませんが、基本的に人と人との出会いは思わぬ化学反応をおこします。その必然か偶然を楽しみたいと思います。

8、参加者からスタッフを募る

セミナー開始日(土曜日)の朝9時までに来ていただき、セミナーの準備を手伝っていただきます。遠方からの方は前日からの宿泊(無料)もできます。

スタッフ兼セミナー参加料金は2~3割一般参加者よりも減額します。
セミナー料金は未定。

9、タイムスケジュール(案)

土曜日

5:00オプション大敷見学

9:00スタッフ集合

スタッフ打ち合わせと準備

11:30食事

13:00一般参加者集合

13:10分オリエンテーション

13:30~14:30片江散策

15:00セミナー・ワークショップ
環境問題の話
旧式パソコンの技術的なお話
セットアップの方法
パソコンをマステで装飾

17:00休憩

18:00食事準備

19:00食事&交流会
鼻笛披露他
21:00オーディオセットによるLPレコード鑑賞(ジャズ)

日曜日

7:00片江散策
オプション座禅コース

8:30朝食

9:30セミナー
アットビューを使っての実習

11:00終わりの会

11:30終了

ざっとこんなことを考えています。

2017年1月か2月プレイベントのセミナー・ワークショップを考えています。